シークレット専科「影の伝言板」

浮世の裏や表から、裏ワザ・ワル知恵・隠し玉、世渡りの極意やヒント、心得、処世術等をお知らせしているブログです。

スポンサーリンク

無言で彼を誘惑する方法とは? 藤沢あゆみ著「1秒で彼を夢中にさせる本」より

無言で彼を誘惑する方法とは?

 

彼氏をじっと見つめよう~!(熱い視線?)

 

☆彡無言で脈ありと思わせてしまう方法

目は口程に物を言うという」言葉があります。

この言葉には根拠があって、

相手を見るという行動は、見られた方からは「興味があるのかな」というメッセージとなって受け取られます。

睨んでいたら「怒っているのかな?」、熱い眼差しなら「気があるのかな?」です。

視線=興味と人は無意識に解釈してしまいます。

一言も発しないのに不思議ですよね。

 そこで「視線=興味」を逆手に取って、気になる人を誘惑しちゃいましょう。

ちょっとイイな、という人がいたら、とりあえずじっと見る。

つい見てしまう、って感じでね。そのうち目が合ってしまうでしょう。

 


見つめ合う恋【訳詞付】- カーペンターズ



 こういう時の心理を男友達に聞いてみました。それでは証言スタート!



『なんだか見られてる気がするなぁ…いや、まぐれだよねまぐれ!


そう言い聞かせて、視線を外す。

 

でも、やっぱり気になって、気が付くと、目で追ってしまう。

 

そしたら、彼女また、こっちを見てるんだ。

 

一度や二度ならたまたまと思うけど、

 

3回以上重なったら…ちょっと脈ありって思っ

 

ちゃうよね。』

 視線とは、「視る線」と書きますよね。そこに線が通っている様に、一度気になりだすと線で結ばれたようにまた「視て」しまう。

この線が極太の線になるというすごいやり方があります。

それは他の人と話している時も彼から視線をそらさないことです。

 合コンで「気になる人と話せなくても、必ず連絡先を聞かれる」という女友達はこれを実行しているそうです。

 でも彼は私のことタイプかわからないし、気持ちがばれたら恥ずかしい~、な~んておもっちゃうかな?

どうしても、タイプが合わなかった場合、男の人は何度も見てきたりしません。

向こうも見てきた。その時点ですでに「きゅん」モード突入しています。

彼からは見てこない場合は深く考えず、


「まぁ、私の魅力に気付かないなんて!」とサクッとこちらも見切りをつけて次、行ってみましょう。

でもね♪~ だいじょうぶ。

ほとんどの場合、女の子が自分に脈ありだとわかることは、

男子にとって無茶苦茶「きゅん♪~」とする瞬間だそうですよ。

 

アインシュタインの名言

人が恋に落ちるのは万有引力のせいではない。

Gravitation can not be held responsible for people falling in love.
アインシュタイン理論物理学者、ノーベル物理学賞受賞 / 1879~1955)



★1秒きゅん「気になる」は「気に入る」になる第一歩です。

 

◆見つめるコツ
・見つめるならば3秒以上。
・顔を見つめましょう
・「上目遣い」でかわいい女性を演じましょう。

 

 

1秒で彼を夢中にさせる本

1秒で彼を夢中にさせる本

 

 以上は 藤沢あゆみ著 「1秒で彼を夢中にさせる本」より一部抜粋&加筆


※おまけの付録

男の世界では「据え膳食わぬは男の恥」という暗黙のルールがあります。

 

したがって視線を送られたら、一度は声掛けはしますよね。

 

そのあとの成りゆきはお任せいたします。



※据え膳食わぬは男の恥(すえぜんくわぬはおとこのはじ)【昔は据え膳食わぬは武士の恥】

由来は、歌舞伎などの演目である「夏祭浪花鑑」の中の台詞にあるという説があります。

《意味》 据え膳食わぬは男の恥とは、女性のほうから言い寄ってくるのを受け入れないのは、男らしくないということ。 (女に恥ずかしい思いをさせるなという意味?)

食べてくださいと差し出された膳に手をつけないのは男の恥であることから。

「据え膳」とは、すぐ食べられるように支度が整えられた食膳のこと。転じて女性から持ちかけられた情事のことをいう。

「据え膳食わぬは男の内ではない。」「据え膳と河豚(ふぐ)汁を食わぬは男の内ではない」ともいう。

現代では日常の会話で冗談めかして使われる機会はたまにありますね。

 



英語のことわざに「It is time to set in when the oven comes to the dough.」
というものがあります。


直訳すると、「かまどの方がパン生地のところへやってきたら、パン生地をかまどへ入れてやるべきだ」です。

スポンサーリンク  

 

スポンサーリンク